2019年12月4日水曜日

12/8「三宝・注連縄・神酒口作り」のご案内

12月8日(日)13時~17時「ことのまあかり」さんで
「三宝・注連縄・神酒口作り」のワークショップが開催されます。
ワークショップは一つでも3種類全部でも参加可能で、13時~17時の間のお好きな時間で随時体験できるようになっています。
予約優先ですが当日参加も可能ですので「奈良マラソン」応援の帰りにでも是非どうぞ。各ワークショップの詳細と申込先は下段に書いていますのでよろしくお願いします。

神酒口作り◆ 参加費2000円 / 申込→
炎と水をかたどったといわれ、瓶子や神酒徳利に挿して神棚に置かれる「神酒の口」。結婚式や上棟式などの席に縁起物として使われることもあります。
全国でみられますが、発祥の地は奈良といわれています。
最近は作り手の高齢化が進んでいましたが、現在吉野町の地域おこし協力隊で、「山曜日」の中村智子さんが新たな担い手となっています。中村さんに教えてもらいながら神酒口を作ってみませんか?

三宝作り◆ 参加費2000円 / 申込→
三宝は、神饌物をのせて運ぶために使う台のこと。神社でよくみかけますね。 お正月の鏡餅を乗せたり、神棚にお供えする台として使用されています。 三宝は下市で受け継がれている曲げ物の技術を生かして作られています。曲げ物の体験ができます。
こちらも講師は中村智子さんです。

精麻しめ縄作り◆ 参加費5500円 / 申込→
精麻のお話しをしながらしめ縄を編んで、好きな感じで飾りづけしてもらいます。今回は精麻のみならず4種類の古代米、神丹穂、神庭の紅、種子島、戸隠の古代米がついた注連縄です。 何かつけたいものがあれば持参してください。

◆お正月用品の販売◆
当日は、明日香村「ガラス工房さんぽ」さんのガラスのお正月用品の販売もされています。

2019年12月3日火曜日

若草山の山焼き鑑賞スポットとして*

1/25(土)に開催される若草山の山焼き鑑賞スポットとして
奈良県が開放されている場所が3カ所あります。
どの場所も定員があり、要申込で応募多数の場合は抽選です。
①奈良公園バスターミナル屋上 100組 
②奈良県庁舎屋上 150組 
③議会棟正副議長室 20組(車いす使用の県内在住の方)
すべて、往復はがきで申込み。締切は12/7(消印有効)。宛先がそれぞれ違いますので、上の写真↑、または上の印をご参照下さい。

2019年12月2日月曜日

晩秋の紅葉散歩*

師走に入ったとは思えないくらいのぽかぽか陽気でスタートした12月。忙しかった秋のシーズンを心地良く振り返りながら、少々疲れた身体を紅葉巡りで癒していきます。
まずは大仏池の畔へ。銀杏の絨毯はもう色褪せているのではと思いながらも、今年はまだ黄色の絨毯にくるまれる鹿ショットを撮っていないことが心残りで、やはりこちらに。
ちょうど一頭ずつ向こうからやってきたところ。途中で立ち止まって「何してるの?」と不思議そうに覗き込む様子がおかしいですね。
この後は猫段を通って東塔跡の方へ。
猫段の紅葉はもう終わりかけでしたが、東塔跡あたりはあちらこちら美しい紅葉を見ることができました。
日当たりの加減でまだ青かったり真っ赤になっていたり
美しい色のグラデーションが目を楽しませてくれます。





今年はイチョウが黄色くなるのが遅かったのと、モミジが意外に早く赤くなって、11月中頃からは黄色と紅色の両方を一緒に楽しめた奈良の秋。天候的には夏の暑さが長引き、今年の紅葉はどうかなぁと心配していましたが、これも杞憂に終わって、錦繍の秋を充分楽しませていただけました。
それにしても、美しい色や彩りを目で追いながら澄んだ空気の中を歩くだけで気持ちがリフレッシュして不思議ですね。
朝の紅葉散歩にお出かけのお客様方にも「綺麗、綺麗」と満足していただけたようで良かったなぁと喜んでいます。 この秋のシーズンにご宿泊いただきました皆様、どうもありがとうございました。

2019年12月1日日曜日

12/1~12/14「鹿寄せと春日大社特別参拝」

旅館ホテル組合主催の「鹿寄せ」が始まります。
12月1日(日)~14日(土)毎朝10時から約15分間
(※但し8日は奈良マラソン開催のため中止です。)
奈良の組合員施設へ宿泊のお客様限定で
12月の「鹿寄せ」は、鹿寄せ終了後に春日大社の清々しい参道を歩いて、直会殿にて神主さんと一緒に祝詞を奏上しお参りするという、奈良ならではの朝を体験していただける企画になっています。
なお、特別参拝は1日及び11日は春日大社神事のためありません。
奈良でしか体験することができない「鹿寄せ」をお楽しみください。
::
鹿寄せの様子は過去記事でどうぞ→2017 2016 2015
過去写真より・・・
10時より、ナチュラルホルンの音色に誘われて鹿たちが駆け集まってきます。
ドングリをいっぱいもらってもぐもぐ。

そして鹿寄せ終了後は、春日大社までご案内。
期間中にご宿泊のお客様には「鹿寄せと春日大社特別参拝 粗品引換券」をお渡ししますので、鹿寄せ終了後に、会場で法被を着た組合員にお渡しください。
粗品と引き換えして春日大社までご案内させていただきます。
ちなみに私は11日にお当番です。この日は春日大社参拝はございませんが、鹿寄せ見学はご宿泊の方以外でもご覧いただけますので、どうぞお越しくださいませ。

2019年11月30日土曜日

12/8「御旅所御假殿公開と講座」

いよいよ明日から12月。12月の奈良といえば「春日若宮おん祭」
それに先立って、本日11月30日には参勤所役に衣装と潔斎札を渡される「装束賜り」が行われます。
また、関連イベントとして「御旅所御假殿」が12/8に公開されます。
「お旅所御假殿」の公開は2013年にもあり、その時に見学したブログ記事より写真を転載しますと・・・



今回は「おん祭」の前に公開されますので、前回と違った内容になるのでしょうか。まずは「感謝共生の館」にて、県下の文化財古建築に携れた、舘主事の講話を伺ってから現地見学となります。
::
おん祭への招待②「御旅所御假殿公開と講座」
(おん祭への招待①は12/7に講座があります)
開催日:12/8(日)
会場:春日大社「感謝共生の館」
時間:12:30受付開始 / 13:00講話 / 14:00御旅所移動見学
   15:30解散予定
会費:1000円
申込:FAX 0742-27-2114  問合せ:TEL 0742-22-7788

2019年11月29日金曜日

12/1「きたまちストリート」

「きたまちSTREET」
12/1(日)10:00~18:00
JR奈良駅前広場に、きたまちとご縁のあるお店がずらっと並ぶ「きたまちストリート」。駅前クラフト「奈良ノ空カラ」と共同開催です。
雨天決行、ぜひ遊びにいらしてください。
※「奈良ノ空カラ」出展者一覧はこちら

2019年11月28日木曜日

12月のお出かけ情報②~寺社伝統行事

早いもので、今年も残すところあと一ヶ月となりました。
12月の奈良では春日大社若宮社の祭礼「おん祭」が盛大に執り行われます。厳かな神事であり、華やかな時代絵巻の世界も繰り広げられる「おん祭」は平安時代から途切れなく継承されてきました。
何かと気ぜわしい時期ではありますが 、この季節の奈良にもぜひお越し下さい。

◇12/1 0:00~13:00頃 宝山寺厄除大根炊き
問合せ: 0743-73-2006

◇12/1 10:00~16:00 信貴山大本山千手院「厄除大根炊き」
問合せ:0745-72-4481

◇12/1 14:00~ 山口神社「高田の亥の子暴れ祭」
問合せ:0744-48-3110(桜井市観光まちづくり課)

◇12/3 11:00~ 大神神社「献菓祭」
問合せ: 0744-42-6633

◇12/8 13:00~ 霊山寺 納薬師法会
問合せ:0742-45-0081

◇12/8 14:00 石上神宮お火焚祭
問合せ:0743-62-0900

◇12/8 10:00~ 法隆寺 金堂・大講堂・夢殿「お身拭い
問合せ:0745-75-2555

◇12/8 竹林院「太子行者講 柴灯護摩供」
10:00~10:50 弓道竹林派大会
11:00~12:00 柴灯大護摩供
聖徳太子と役行者尊報恩謝徳のため、年に一度
関係する山伏が集合し、大峰柴灯大護摩を修法します。
問合せ: 0746-32-8081

◇12/8 11:30頃 大神神社「大注連縄の飾り付け」
◇12/13 午前中 大神神社「大門松の奉納」
問合せ: 0744-42-6633

◇12/9 6:00より1時間ほど 矢田寺仏名会
拝観は外陣より
問合せ:0743-53-1522

◇12/14 8:30~12:00 二月堂「仏名会」 
問合せ:0742-22-5511

◇12/14~12/16 11:00~
金峯山寺蔵王堂「仏名会三千仏礼拝
問合せ: 0746-32-8371

◇12/15 9:00~ 唐招提寺お身拭い
問合せ:0742-33-7900

◇12/15~12/18 春日若宮「おん祭」
問合せ:0742-22-7788
諸神事のタイムスケジュールについては後日にご案内します。

◇12/16 10:30~ 宝山寺大鳥居注連縄奉納
問合せ:0743-73-2006

◇12/18 10:00~ 岡寺「納め観音」
問合せ:0744-54-2007

◇12/18 13:30~ 壷阪寺「納め観音」
法要時に秘仏・子島荒神観音像ご開帳
問合せ: 0744-52-2016

◇12/18  千光寺「三千仏名会」
11:00~護摩焚き / 13:00~仏名会
問合せ:0745-45-0652

◇12/19 13:00~14:00 吉野脳天大神「納め脳天」
問合せ:0746-32-4880

◇12/22 10:00~14:00 正暦寺「冬至祭」
問合せ:0742-62-9569

◇12/23「天長祭」大神神社10:00/石上神宮9:00

◇12/24 11:00~ 福智院「護摩焚き」
問合せ:0742-22-1358

◇12/24 14:00~16:00 帯解寺「護摩祈祷会」
問合せ:0742-61-3861

◇12/24 16:30 信貴山朝護孫子寺「納め寅大法要」
問合せ:0745-72-2277

◇12/28 10:00~11:00 円成寺「不動尊護摩供養」
問合せ:0742-93-0353

◇12/29 13:00~ 薬師寺「お身拭い」
問合せ:0742-33-6001

◇12/31 県内各寺社の「年越大祓式」や越年行事や
奈良県内のお寺で撞ける「除夜の鐘」情報は後日にご案内します。

12月のお出かけ情報①~秘宝秘仏公開

<<公開中の秘宝秘仏は>>
◆~12/1 當麻寺奥院「大方丈襖絵特別公開」
問合せ:0745-48-2008

◆~12/1當麻寺西南院「本堂特別開帳」
問合せ:0745-48-2202

◆~12/1 岡寺本堂内々陣お扉特別開扉
問合せ:0744-54-2007

◆~12/1 壷阪寺
「西国三十三所草創1300年記念 壺阪観音お身拭い結縁参拝」
問合せ:0744-52-2016
◆~12/18 8:30~16:30  壷阪寺「大眼鏡奉納」
問合せ:0744-52-2016

◆~12/1 9:30~16:00 長谷寺本尊大観音尊像特別拝観
◆~12/1 9:00~15:00 長谷寺秋季特別寺宝展
期間中もみじまつりも開催されています。
問合せ:0744-47-7001

◆~12/2  正暦寺「薬師如来倚像」
問合せ:0742-62-9569

◆~12/8  8:30~16:30 談山神社秋の社宝特別展
問い合せ:0744-49-0001

<<12月から特別公開されるものは>>
◆12/1 9:00~16:00 東鳴川観音講「不空羂索観音坐像」
興福寺南円堂が1180年に焼失する以前の不空羂索観音坐像の姿を模したものと考えられる不空羂索観音坐像の特別開帳(毎月第1日曜日)
問合せ:0742-34-5369

◆12/8 浄瑠璃寺「三重塔・薬師如来坐像特別公開
雨天、荒天時は中止
問合せ:0774-76-2390

◆12/16 13:30~15:00 當麻寺中之坊「導き観音ご開帳
問合せ:0745-48-2001

◆12/16 10:00頃~16:00頃 東大寺「特別開扉」
東大寺開山良弁僧正の忌日にちなみ
一日限りの特別開扉が行われます。
問合せ:0742-22-5511
開山堂では・・・国宝 良弁僧正坐像
俊乗堂では・・・国宝 重源上人坐像
法華堂では・・・国宝 執金剛神立像

◆12/18 13:30〜壺阪寺「納め観音 秘仏子島荒神像ご開帳
問合せ:0744-52-2016

◆12/22 9:00~16:00 正暦寺「冬至祭特別開扉」
宝物殿「瑠璃殿」と秘仏の公開
問合せ:0742-62-9569

2019年11月27日水曜日

大仏殿北側ぐるっと朝のお散歩*

11/26 朝からどんより曇り空。
こんな日は、陽の光に透けた綺麗な紅葉写真は期待できないけれど、とりあえず7時前に出発して、まずは大仏池の大銀杏の黄色の絨毯をパトロール。
大銀杏の葉が随分落葉して、綺麗な絨毯が敷き詰められていました。
定番の鹿と一緒に撮りたかったけれど、人も鹿もいない時間でした。
対岸のモミジも美しいですね。
こちら↑↓は講堂跡北側の僧坊跡のまだ北側のモミジ。
ようやく色づき始めていました。

僧坊跡の東側、公慶道辺りの大銀杏の下にも黄色の絨毯。
そして大湯屋の前の大銀杏は・・・。




しばらく佇んで見惚れるほど美しい盛りでした。
その後、二月堂を参拝して、再び大仏池をぐるっと回って奈良倶楽部に戻ります。




大仏池の周りは、今一番きれいなのではと思うくらい。
どこを見ても美しい~と嬉しくなって帰ってまいりました。

2019年11月26日火曜日

「監獄史料館」プレオープン*

明治政府が造った五大監獄で、唯一全体が現存する「旧奈良監獄」。
11月23日24日に行われた「赤レンガフェスティバル」にて、先月に改修工事が終了したばかりの「監獄史料館」がお披露目されました。









北倉庫を一時的に活用した史料館では、現在の刑務所長に当たる典獄が身に着けていたものや明治時代から現在に至る矯正の歴史に関するパネル、刑務所の模型など約60点が展示されています。  
今回は、イベントに合わせた仮オープンのような形でした。
実際に動き出すのは、2年後にオープン予定のホテルと同じ時期になるのでしょうか?
展示物の中には見るには少々生々しい物もありましたが、HPでは、監獄の歴史について詳しく学ぶことができますので、よろしければご覧ください。こちら
::
何度か見学させていただいている本館獄舎ですが、奈良少年刑務所が閉鎖されてから2年以上経った今回久しぶりに内部を見学しました。
写真をたくさんアップしましたが、同じくHPの建物紹介のページに詳しい説明が載っていますので参考にして下さい。
















重要文化財に指定されている「旧奈良監獄」の建物は、星野リゾートが改修改装をして、宿泊施設として2021年内に運営開始すべく準備を進めています。日本初となる監獄ホテルの誕生、どのように生まれ変わるのでしょうか。