2019年12月4日水曜日

12/8「三宝・注連縄・神酒口作り」のご案内

12月8日(日)13時~17時「ことのまあかり」さんで
「三宝・注連縄・神酒口作り」のワークショップが開催されます。
ワークショップは一つでも3種類全部でも参加可能で、13時~17時の間のお好きな時間で随時体験できるようになっています。
予約優先ですが当日参加も可能ですので「奈良マラソン」応援の帰りにでも是非どうぞ。各ワークショップの詳細と申込先は下段に書いていますのでよろしくお願いします。

神酒口作り◆ 参加費2000円 / 申込→
炎と水をかたどったといわれ、瓶子や神酒徳利に挿して神棚に置かれる「神酒の口」。結婚式や上棟式などの席に縁起物として使われることもあります。
全国でみられますが、発祥の地は奈良といわれています。
最近は作り手の高齢化が進んでいましたが、現在吉野町の地域おこし協力隊で、「山曜日」の中村智子さんが新たな担い手となっています。中村さんに教えてもらいながら神酒口を作ってみませんか?

三宝作り◆ 参加費2000円 / 申込→
三宝は、神饌物をのせて運ぶために使う台のこと。神社でよくみかけますね。 お正月の鏡餅を乗せたり、神棚にお供えする台として使用されています。 三宝は下市で受け継がれている曲げ物の技術を生かして作られています。曲げ物の体験ができます。
こちらも講師は中村智子さんです。

精麻しめ縄作り◆ 参加費5500円 / 申込→
精麻のお話しをしながらしめ縄を編んで、好きな感じで飾りづけしてもらいます。今回は精麻のみならず4種類の古代米、神丹穂、神庭の紅、種子島、戸隠の古代米がついた注連縄です。 何かつけたいものがあれば持参してください。

◆お正月用品の販売◆
当日は、明日香村「ガラス工房さんぽ」さんのガラスのお正月用品の販売もされています。

2019年12月3日火曜日

若草山の山焼き鑑賞スポットとして*

1/25(土)に開催される若草山の山焼き鑑賞スポットとして
奈良県が開放されている場所が3カ所あります。
どの場所も定員があり、要申込で応募多数の場合は抽選です。
①奈良公園バスターミナル屋上 100組 
②奈良県庁舎屋上 150組 
③議会棟正副議長室 20組(車いす使用の県内在住の方)
すべて、往復はがきで申込み。締切は12/7(消印有効)。宛先がそれぞれ違いますので、上の写真↑、または上の印をご参照下さい。

2019年12月2日月曜日

晩秋の紅葉散歩*

師走に入ったとは思えないくらいのぽかぽか陽気でスタートした12月。忙しかった秋のシーズンを心地良く振り返りながら、少々疲れた身体を紅葉巡りで癒していきます。
まずは大仏池の畔へ。銀杏の絨毯はもう色褪せているのではと思いながらも、今年はまだ黄色の絨毯にくるまれる鹿ショットを撮っていないことが心残りで、やはりこちらに。
ちょうど一頭ずつ向こうからやってきたところ。途中で立ち止まって「何してるの?」と不思議そうに覗き込む様子がおかしいですね。
この後は猫段を通って東塔跡の方へ。
猫段の紅葉はもう終わりかけでしたが、東塔跡あたりはあちらこちら美しい紅葉を見ることができました。
日当たりの加減でまだ青かったり真っ赤になっていたり
美しい色のグラデーションが目を楽しませてくれます。





今年はイチョウが黄色くなるのが遅かったのと、モミジが意外に早く赤くなって、11月中頃からは黄色と紅色の両方を一緒に楽しめた奈良の秋。天候的には夏の暑さが長引き、今年の紅葉はどうかなぁと心配していましたが、これも杞憂に終わって、錦繍の秋を充分楽しませていただけました。
それにしても、美しい色や彩りを目で追いながら澄んだ空気の中を歩くだけで気持ちがリフレッシュして不思議ですね。
朝の紅葉散歩にお出かけのお客様方にも「綺麗、綺麗」と満足していただけたようで良かったなぁと喜んでいます。 この秋のシーズンにご宿泊いただきました皆様、どうもありがとうございました。

2019年12月1日日曜日

12/1~12/14「鹿寄せと春日大社特別参拝」

旅館ホテル組合主催の「鹿寄せ」が始まります。
12月1日(日)~14日(土)毎朝10時から約15分間
(※但し8日は奈良マラソン開催のため中止です。)
奈良の組合員施設へ宿泊のお客様限定で
12月の「鹿寄せ」は、鹿寄せ終了後に春日大社の清々しい参道を歩いて、直会殿にて神主さんと一緒に祝詞を奏上しお参りするという、奈良ならではの朝を体験していただける企画になっています。
なお、特別参拝は1日及び11日は春日大社神事のためありません。
奈良でしか体験することができない「鹿寄せ」をお楽しみください。
::
鹿寄せの様子は過去記事でどうぞ→2017 2016 2015
過去写真より・・・
10時より、ナチュラルホルンの音色に誘われて鹿たちが駆け集まってきます。
ドングリをいっぱいもらってもぐもぐ。

そして鹿寄せ終了後は、春日大社までご案内。
期間中にご宿泊のお客様には「鹿寄せと春日大社特別参拝 粗品引換券」をお渡ししますので、鹿寄せ終了後に、会場で法被を着た組合員にお渡しください。
粗品と引き換えして春日大社までご案内させていただきます。
ちなみに私は11日にお当番です。この日は春日大社参拝はございませんが、鹿寄せ見学はご宿泊の方以外でもご覧いただけますので、どうぞお越しくださいませ。