2019年5月21日火曜日

講堂跡*桜の実と鹿と

新しいブログで、真っ先にお伝えしたい奈良の魅力は
何といっても「奈良の朝」の気持ちの良さと清々しさ。
・・・なのですが、朝のお散歩に中々出かけられずにいます。
先日、早朝に出かける所用があり、ちょっと寄り道して写したショットがこの2枚↑↓
忙しさの中で、ついでに撮った写真には気持ちがこもってないですね。
本来ならボツにしたい写真ですが、当分 早朝に出かけられそうにないので、取敢えずは今の季節の様子ということで・・・。
::
そして、その講堂跡に桜の実がたわわになっていました。
 ん?よく見ると、どた~っと寝転がっている鹿が見えます。
 帰宅して写真をトリミングして見ると、どうやらお腹の大きな鹿さん。
出産まもなくなのでしょうか?ごろんとリラックスしていますね。
桜の実は講堂跡で最初に咲く桜の木にたくさんなっていました。

2019年5月19日日曜日

初夏の東大寺境内散策*

東大寺金鐘ホールでのコンサートに出かける行き帰り。
開場1時間前に奈良倶楽部を出て、久しぶりに境内をゆっくり歩いて
2か月以上ご無沙汰している二月堂さんへ、まずはお参りに。
黒板に描かれた言葉が心に沁みます。
大鐘から猫段。辛国神社の前にウツギの花が満開。

猫段は青楓に彩られていました。
コンサート会場の金鐘ホール、建物北側に大きな栴檀の木があって
今が満開。芳香を放っています。
帰りは戒壇院経由で。こちらも栴檀の花がいい香りを放っていました。
一か月前まで桜が満開だったこの風景も、木々の緑が深くなって初夏らしい風景に。
冬毛が抜けて鹿の子模様がくっきりと表れた初夏の鹿。
そして、奈良の初夏の風物詩のひとつに・・・
いたるところで、お腹の大きい鹿さんを見かけるようになりました。

2019年5月18日土曜日

5/25・5/26「第一次大極殿院南門の整備現場を公開」

先日のブログで「星空上映会」のご案内を致しましたが、同じ日(5/25・5/26)同じ場所(平城宮跡歴史公園)で、国土交通省が復元を進める「第一次大極殿院南門」の工事現場が特別公開されます。
通常は現場を覆う素屋根の外部に設けられたデッキからの見学ですが、特別公開では素屋根の内部に入り、より間近に見学できるそうです。
  
第一次大極殿院は奈良時代前半の平城宮の中枢区画。
南北約320m、東西約180mで、天皇の即位など重要な儀式が行われたところです。中心建物となる大極殿が2010年に復元され、東西の楼閣や回廊の復元も予定されています。 
正門である南門は高さ約20m、幅約22mで、平城宮の正門である朱雀門よりやや小さい礎石建ちの建物。2017年から復元工事が始まり、2022年春に完成予定です。
 
特別公開は両日とも午前9時半~午後5時。無料。事前申し込み不要。
問合せは、国営飛鳥歴史公園事務所平城分室(0742-36-4327)
※南門復元工事の様子はこちらに詳しいです。

2019年5月17日金曜日

「御即位記念 第71回 正倉院展」は10/26~11/14

今年の正倉院展の日程が発表になりました++
会期は、令和元年10月26日(土)~11月14日(木)
いつもより3日間多く、20日間の日程で会期中は無休です。
今年の正倉院展は、天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物の成り立ちを示す宝物や、宝庫を代表する宝物、シルクロードの遺風を感じさせる宝物が出陳されるということで、報道資料には、出陳品の一部が発表されています→こちら
出陳宝物の全件数や内容などはまた後日に発表されるそうですが、とても楽しみです。
(個人的には「鳥毛立女屏風」が6扇全部出陳されるのが楽しみです)
::
また、今年は東京国立博物館でも正倉院宝物と法隆寺献納宝物が同時に公開されます。
御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」(会期:10/14~11/24)
こちらは、飛鳥・奈良時代の国際色豊かな造形文化に焦点を当てた特別展。
是非、奈良と東京の両展覧会に足をお運びくださいませ。
::
※奈良倶楽部は、正倉院展会期中(10/26~11/14)は無休です。
ご予約もお受けしていますので、HPのメールフォームより
またはお電話(tel:0742-22-3450)からもご予約お待ちしています!
※正倉院展の前売りチケットも、ご予約時に申込みしていただくと、事前に購入しています。どうぞご利用ください。

2019年5月16日木曜日

5/25・5/26 平城宮跡で「星空上映会」

「なら国際映画祭」プレイベントとして、今年は 5/25(土)5/26(日)に
平城宮跡歴史公園 朱雀門ひろば にて『星空上映会』が開催されます。

<<上映作品は・・・>> 
◆5/25(土)19:30〜 『幽幻道士キョンシーズ』  (有料)
◆5/26(日)19:30〜 『ストリート・オブ・ファイヤー』(有料)
※両日とも18:30〜19:30 「ユース映画制作ワークショップ」開催
10代の子ども達が主体となり本格的な映画づくりに挑戦するワークショップで、夏休み中に一週間かけて完成した作品を上映します。

<<その他イベント情報は・・・>>   
◆5/26 13:00~『子どもパフォーマンス』(無料)
※オープニングパフォーマンスは『関西文化芸術高等学校』による吹奏楽部演奏・ダンス。
※その他、出演チーム多数⇒詳細はホームページで。
◆5/26 16:00~『EXPGエンタテイメントショウ!&Leola出演決定!』(無料)   
※EXPGとは・・・国内で12校、海外では台北、NY、LAの3校を展開するダンス、ボーカル、演技全てのエンタテイナーを育成する本格的なスクール。  
充実したカリキュラムと経験豊富なインストラクターの存在が特徴であり、現在までに多くのアーティストを輩出している。  
※Leolaとは・・・ハワイ語でLeoは声、laは太陽。「太陽の歌声」が彼女の名前。  
大型オーディションでセミファイナリストまで進み、その後自らの音楽性と向き合うことで独自の音楽観を芽吹かせ、2016年、シングル「Rainbow」でメジャーデビューした注目のソロシンガー。 

<<チケット料金(鑑賞エリア入場料)>>
大人1500円 / 高校生以下1000円 /ハンディキャップ 1000円(同伴者1名様まで同額)
「レッドカーペットクラブ2019」会員は会員カード提示で入場無料

開催当日5/25・5/26は『奈良マルシェ』やWSの開催(10:00~16:00)
奈良発のパズル「LaQ」体験や地場野菜の販売もあります。

2019年5月14日火曜日

不退寺*黄菖蒲が見頃

5月中は「在原業平朝臣画像」も公開されていますので、久しぶりにご本尊・聖観音さまのふくよかなお姿を拝しに行ってきました。
不退寺は、平安遷都の後に、平城京をなつかしむ平城上皇が 都を再び平城京に戻すことを画策されたが成功せず 都を逃れてこの地に萱御所を営み、上皇の崩御後、皇子阿保親王と 在原業平が後を引き縦ぎ、847年に業平自らが聖観音像を刻んで 開基したのが始まりとされています。別名「業平寺」。
本堂は大仏様式の最後の形を保ち、室町時代に建立されました。
ご本尊の聖観音立像(重文)は業平の作と伝えられています。
極彩色の装飾が剥がれ落ちて白い彩色と木肌が入り混じって見え、ふくよかなお顔立ちが官能的にも感じられるのですが、 頭の両脇の大きなリボンのような飾りが可愛いくて、不思議な魅力を感じる観音さまです。
本堂お参りのあとは、お庭を散策。
新緑に黄菖蒲の鮮やかな黄色が映えて、初夏の爽やかな風が気持ちいい。
来る5/28の業平忌には、多宝塔が特別開扉されます。(法要は11時より)
 

2019年5月13日月曜日

5/18~6/9「ムジークフェストなら2019」

古都・奈良の街中が音楽であふれる音楽祭『ムジークフェストなら2019
今年も魅力的なコンサートが盛りだくさんです。
期間中に奈良を旅して、タイミングがうまくあえばコンサートも楽しみたいという方もいらっしゃると思いますので、今から予約できるコンサートや、予約不要のコンサートなどをご案内いたします。
::
要申込みコンサートについては、すでに申込受付が終了していますが
実行委員会主催の「要申込」コンサートで、お席に余裕がある公演については
WEB申込のみの「先着順」で受付が再開されています。
↓ ↓
◆5/21(火)11:30~12:30 壷阪寺
チェロ・バンドネオン・ドラムス奈良トリオ 〜前代未聞アンサンブル
◆5/21(火)14:30~15:30 壷阪寺
チェロ・バンドネオン・ドラムス奈良トリオ 〜前代未聞アンサンブル
◆5/29(水) 11:00~12:00 奈良公園バスターミナル
Ciao! Musica del mondo 世界を巡る風の五線譜
◆5/29(水)14:00~15:00 奈良公園バスターミナル
Ciao! Musica del mondo 世界を巡る風の五線譜
◆5/29(水)13:00~14:00 春日大社感謝共生の館
奈良の風景を彩る音楽〜尺八、パーカッションを加えた郷愁を感じるメロディと共に
◆5/29(水)15:30~16:30 春日大社感謝共生の館
奈良の風景を彩る音楽〜尺八、パーカッションを加えた郷愁を感じるメロディと共に
◆5/30(木)15:30~16:30 奈良公園バスターミナル
東洋と西洋の、音の交流
◆6/7(金)19:00~20:00 ホテル昴
ウクレレ世界チャンピオンによる演奏会
定員に達し次第、受付終了されますので、お早目にお申込みください。
::
その他に、予約不要の春日野園地で開催される『ムジークプラッツ』も!
◆6/1(土)13:00~17:00「History of jazz
◆6/2(日)13:00~17:00「沖縄音楽フェスト ウタめぐり、島めぐり
◆6/8(土)11:00~16:00「ファミリーコンサート in 春日野園地
◆6/9(日)13:00~17:00「あおぞら吹奏楽
当日は奈良の美味しいものも会場に出店されるようです。
春日野園地でのんびり過ごすのもいいですね。
::
また『駅前ウエルカムコンサート』や、社寺が会場のコンサートの中に予約不要のものもありますので、タイミングがあえば是非お楽しみください。
ちなみに奈良倶楽部の近くでは・・・
◆5/18(土)14:00~15:00 大仏殿
改元を祝ぐ いのちの歴史を紡いで
◆5/25(土)11:00~12:00 大仏殿
~みどりの森からいのりをこめて~
◆6/2(日)12:00~13:00 手向山八幡宮
美しい景色とサックスの音色 癒しの空間へようこそ
などが、申込み不要でお楽しみいただけます。

2019年5月12日日曜日

長岳寺へ*

連休明け、ツツジや杜若が美しい長岳寺へ行ってきました。
大門から入って、参道両側には平戸つつじの生垣が続きます。
満開を少し過ぎた様子でしたが、まだまだ美しかったです。(撮影5/8)
受付を入ってすぐ左手が旧地蔵院。
長岳寺は、平安時代初期に淳和天皇の勅願により弘法大師が創建された古刹で、盛時には48ヶ坊あった塔頭の内、唯一残った旧塔頭の一つがこの地蔵院で、中には美しい普賢菩薩像が安置されています。
また室町時代の様式を残した庭園の池には
珍しいようすの杜若でしょうか。
受付にて説明いただいたのですが、メモも取らずに記憶が定かでないのですが、この庭園の松の木も由緒あるようでした。

襖絵についても説明いただいたような気もしますが、記憶が定かでなくてすみません。

日本最古の鐘楼門は弘法大師創建当初の唯一の建物だそう。


本堂にお参りして、放生池の杜若や
中国原産の植物で木綉球(ムーシューチュー)という紫陽花のような花を背景に写真撮影をして、気分をリフレッシュ。
直径20cmはあるでしょうか。とても存在感のある花木です。


カラーの花やツツジに青楓

何より杜若がとても美しくて、来てよかったと
お花に癒されるひとときでした。

::
慌ただしい滞在でしたが、しばらくぶりに奈良のお寺を訪れて、季節の花々にリフレッシュさせていただき、自分が奈良に求める一つがこういうところにあるのかなぁと思ったりしていました。
そして帰りがけに、映像作家の保山耕一さんとばったり。
保山さんならどのように撮影されるのだろうと、素晴らしい映像がYouTubeにアップされるのを楽しみに帰途についたのでした。


2019年5月11日土曜日

新ブログ「奈良倶楽部通信 PART:III」デビュー

奈良倶楽部通信 PART:II」より、新しくブログを引っ越しました**
 
ブログをいつもご愛読いただきましてどうもありがとうございます。
これまでと同様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
2007年7月から2010年4月24日までの記事は「奈良倶楽部通信」に
2010年4月24日から2019年5月11日までの記事は「奈良倶楽部通信 PART:II」に
残していますので、こちらもどうぞよろしくお願いします。

2019年5月10日金曜日

5月のお出かけ情報③〜GW後の寺社伝統行事

GWが終わってからの奈良の寺社伝統行事のご案内です。
◇5/7 14:00〜 大安寺「勤操大徳忌」
奈良時代末期、大安寺の別当をされ、また弘法大師の師ともいわれている勤操大徳の御忌法要。当日は、勤操大徳の御影をお祀りします。
問合せ:0742-61-6312

◇5/8 9:00~17:00 元興寺「灌佛会」
旧暦お釈迦様のお誕生日。
本堂で法要、本堂正面にて花御堂安置 甘茶を注ぎ
拝観者に甘茶の接待が行われます。
問合せ:0742-23-1377

◇5/8 8:00頃~ 宝山寺「仏誕会」
本堂外陣の花御堂に誕生仏を安置して法要が行われ
甘茶の授与もあります。
問合せ:0743-73-2006

◇5/10 11:00~ 春日大社「献茶祭」
参拝所より拝観可。今年は武者小路千家家元が献茶奉仕。
問合せ:0742-22-7788

◇5/12 10:30~ 大神神社「播種祭」
「大美和の杜」の神饌田で今年の米作りの最初の神事として籾種を播く
「播種祭はしゅさい」があります。この苗代で育った早苗が
6/25の御田植祭で植えられます。
問合せ:0744-42-6633

◇5/12 13:00~ 御厨子観音妙法寺御厨子観音花祭り
吉備真備創建と伝えられる寺。
ご本尊・十一面観音の法要や寺宝公開、稚児行列、餅まきが行われる。
問合せ:0744-22-3928

◇5/15 13:00 称名寺「珠光忌」
本堂と茶室を公開 10:00~15:00(拝観料:1000円/お抹茶の接待付)
2013年の様子はこちら→ 
問合せ:0742-23-4438

◇5/16〜8/15 10:00~  法隆寺「夏安居げあんご西室にて
問合せ:0745-75-2555

◇5/17・5/18 17:30~ 興福寺南大門跡「薪御能
5/17  11:00〜春日大社舞殿「 呪師走りの儀
能楽の最も古い呪師芸能の姿を伝える古儀。
5/18  11:00〜春日大社若宮社「御社上がりの儀
往古、興福寺薪御能に際し、春日若宮社頭で演能した古儀が若宮拝舎で行われます。
問合せ:0742-22-3900(奈良市観光センター)

◇5/18 13:30~ 壺阪寺「眼病封じ祈願会」
問合せ:0744-52-2016

◇5/19 13:00~14:00 唐招提寺「中興忌梵網会ちゅうこうきぼんもうえ
鎌倉時代の唐招提寺中興の祖・覚盛上人の祥月命日に
その御遺徳を偲び法要と舞楽奉納が講堂で行われます。

◇5/19 15:00~  唐招提寺うちわまき
覚盛上人の肌に止まった蚊をたたこうとする弟子に対して「自分の血を与えるのも菩薩行である」と戒められた故事があり、「せめて団扇で蚊を払って差し上げよう」と、上人が亡くなられたときに法華寺の尼僧がハート型うちわを供えたことが始まりです。
上人の命日に執り行われる中興忌梵網会の法要の後、舎利殿(鼓楼)から1500本のうちわがまかれます。(安全のため、そのうちの数百本は僧坊で手渡ししています。)うちわを授かることは、病魔退散や魔除けのご利益があるといわれています。
問合せ:0742-33-7900

◇5/19  脳天大神「春季大祭」
金峯山寺の塔頭寺院・龍王院脳天大神は受験や首より上を守る神として信仰されています。13:00~護摩焚き
問合せ:0746-32-4880

◇5/19  13:00~ 霊山寺薔薇会式えと祭り
本尊薬師如来と八体仏に薔薇の花をお供えし健康と多幸を祈念する。
問合せ:0742-45-0081

◇5/21 10:00~ 西大寺寺山大師講大祭
年に一度の弘法大師の大祭。
10時から大師堂で護摩祈願、法話、総会。
13時からは慶讃行事が行なわれます。
問合せ:0742-45-4700

◇5/28 11:00~ 不退寺業平忌
在原業平の命日に、本堂内に業平画像を掲げ
菖蒲、杜若を飾りその遺徳をしのぶ。
当日は、真言八祖の絵が描かれた多宝塔が特別開扉されます。
問合せ:0742-22-527