2022年12月6日火曜日

「ガストロノミーツーリズム世界フォーラム」

12/12~12/15に「第7回UNWTOガストロノミーツーリズム世界フォーラム」が奈良コンベンションセンターで開催されます。
今回、初めての日本開催で会場が奈良!

そもそも「ガストロノミーツーリズム」とは、地域に根差した食文化を楽しむ旅のことで、その土地の自然や風土から生まれた、食材や文化によって育まれた食を楽しみ、その土地の食文化に触れることを目的とした、いわゆる「その地域の食」と「観光」をコラボした旅の形のこと。

この世界フォーラムでは、国内外から食と観光に携わる専門家、事業者、行政関係者など約600名が集まり、「旅行者・観光客の経験を豊かなものとし、訪問地の住民・文化・歴史・自然・遺産との繋がりを創出する“力”」について議論されるそうです。

会場では「プロジェクト粟」三浦雅之さんの基調講演、「SOUSUKE」平井宗助さん、「森のオーベルジュ星咲きらら」芝田さん夫妻「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」当主の木村浩幸さん大田雄也シェフなど奈良で活躍されている方々もスピーカーとして登壇されます。

個人的には「étéエテ」オーナーシェフ庄司夏子さんのスピーチもお聞きしたく、オンライン配信に事前登録すれば参加できますので、興味をお持ちの方はよろしければ是非どうぞ!
オンライン配信登録はこちら

『ぱーぷる』さんのWEB記事に「ガストロノミーツーリズム世界フォーラム」の内容や詳細がわかりやすく掲載されていますので、こちらもご覧ください。

2022年12月5日月曜日

12/11「奈良マラソン2022」の交通規制

12月11日(日)は「奈良マラソン2022」開催のため、マラソンコース及び周辺道路において交通規制が実施されます。
また奈良交通路線バスは始発から15時まで運休しています
11日にご宿泊予約のお客様方にはお伝えしていますが、もう一度ブログでもお知らせ致します。

奈良倶楽部の前の道路や北方面への道路は規制されていませんが、近鉄奈良駅から奈良公園周辺では時間帯によって規制があります。
詳細図の「奈良市街地周辺」↑のマップをご参照ください。

マラソンコースの全体図↓はこちらです。




2022年12月4日日曜日

「奈良旅手帖2023」今年も販売しています*

”奈良を旅してあったら便利”という情報満載の「奈良旅手帖」
今年も奈良倶楽部で販売しています**

今年の表紙は7種類。
表紙についてはこちらで詳しくご覧いただけます。

手帖の内容についてはほぼ例年通りです。
・月々のお花情報 
・2週間ごとの日の出、日の入り時間や南中時間の掲載 
・旧暦、二十四節気、雑節、六曜の掲載
・「飛鳥・奈良時代の年号と西暦の年表」と 
「在位されている天皇」「歴史上の出来事」の一覧表 
・歴代天皇の名前 
・天智系、天武系の飛鳥・奈良時代の系図 
・神社仏閣での拝観料、拝観時間、交通手段、多目的トイレの有無 
・博物館・美術館情報(開館時間・休館日・入館料など) 
・レンタサイクル、レンタカー情報 
・JRや近鉄の各駅のコインロッカー情報 
・その他の手荷物預かり所情報 
・奈良県内のロープウェイ・ケーブルカー情報 
・近鉄・JR奈良駅付近の銭湯情報(営業時間・定休日など) 
・道の駅情報 
・明日香村、山辺の道、葛城古道、奈良市内の地図 
・鉄道路線図  
・奈良県内すべての市町村が書かれた地図 

・・・など、旅先で便利なお役立ち情報が詰まってます。 

奈良倶楽部のお客様の奈良好きさん達は、もうすでに予約で購入されていることと思いますが、「予約をしそびれた」方や「表紙を実際に見て選びたい」という方は、ご宿泊者以外の方にも販売していますので、どうぞお立ち寄りくださいませ。
(不在の時間帯もありますので 090-9253-5387 までお電話またはショートメッセージでご連絡の上、お越し下さい。駐車場あり、営業日は夜遅くまで対応可です。)
販売価格は一冊税込2200円です。よろしくお願いします。

2022年12月3日土曜日

「金峯山寺の365日」

さて、明日はいよいよ吉野への旅。
同じ奈良県内ながら、そして何度かおじゃましているところでも、普段の暮らしからちょっと旅に出る、お泊りするというだけで、行く前からワクワクな気持ちでいっぱいになっています。

金剛蔵王大権現様の特別開帳は11月で終わってますが、久しぶりに金峯山寺を訪れるので、今年の春先に読んだ「金峯山寺の365日」を今一度読み直してみました。

若き僧侶・五條永教師が綴られた金峯山寺での日々。
じっくり読み直したおかげで、吉野の歴史や風土や空気感が匂い立つように感じられて、訪れるのがとても楽しみです。

最初に読んだ時にも、これ!と感じた箇所があるのですが、心に響いた言葉や文章が結構あって、自分メモ的にここに記しておきます。

「自分自身が前向きな心を持ち続けるように務める」
これは五條永教師が「僧侶の役割」とは何だろうと答えを探し続けて思い至られたことで、前向きな心で接することで、周囲の人の心にも前向きな連鎖が生まれ、より大きなポジティブな影響が与えられるのではと書いてらっしゃいます。
僭越ではありますが、私の仕事にも同じようなことが言えると思います。私も前向きになんでも捉えるようにしたいと思い、そのためには自分がご機嫌さんであれば、何事にも前向きに考えられるのではないかと思っているのです。

それから「お参りを楽しもう!」というページで「できることなら聖地では宿泊していただきたい」と説かれています。

これは、僧侶が修行する際の一日の起点が、夕方(この時間帯を初夜そやという)から始まって、夜は寝て、未明に起きるという順番になっていることから、つまり一晩を過ごして朝を迎えることによって、その土地の持つ”気”が、身体と心の隅々までしっかりと巡り、行き渡り、循環するのだと。
一晩を過ごすことによって”気”が循環するから”元気”になるのだとおっしゃって、「吉野に限らず聖地と呼ばれる所では是非泊まって下さい」と、宿泊業に携わる者にとってもお薦めしたいことが書いてあって、成程と納得しているのでした。

その他にも成程!と頷く文章に惹きこまれながら読み進んだのですが、最後のページにある「”恕”の心」について、”恕じょ”とは「思いやり」という意味の他に「ゆるす」という意味もあるのだそうですが、つい「自分は間違っていない」と思うこともあって、このページに書いてあることはこれから学んでいきたいことでもあると思いました。

::

「興福寺の365日」(ブログ過去記事)に続いて出版された「金峯山寺の365日」。このシリーズの3作目「大安寺の365日」も間もなく発行されるそうで、こちらも楽しみにしているところです。

::

奈良倶楽部は明日から3日間お休みを取っています。
吉野から一旦 奈良市内、そして母の見守り実家泊りと、合間に奈良倶楽部に戻っている時間もあるので、ご予約のお返事などは少し時間がかかりますがお待ちいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

2022年12月2日金曜日

1/12「文化財保存修理所公開」

「文化財保存修理所公開」が今年も開催されます。普段は見ることのできない、修理の現場を見学できる絶好の機会で、奈良国立博物館講堂にて文化財修理に関する解説付きです。

日時:令和5年1月12日(木) 
第1回目 10:00~11:30
第2回目 13:00~14:30
第3回目 15:30~17:00 各回約90分
集合場所:奈良国立博物館・講堂
参加費:無料 
定員各回20名(抽選)
申込期間:12/1(木)~12/18(日)
申込はこちら→
※修理所の見学は窓越しで、工房への入室・撮影は不可。
※詳細はこちら
2010年に見学した時のブログ過去記事はこちら

2022年12月1日木曜日

「奈良の冬景~鹿寄せ~」12/1~12/14

12月になりました。
散り紅葉の美しい晩秋のような初冬のようなこの季節の風物詩
「奈良県旅館・ホテル組合」主催の「鹿寄せ」が始まります。


期間:2022年12月1日(水)~12月14日(火)
   ※12月11日(日)は奈良マラソンのため開催しません。
   ※雨天決行・荒天中止
時間:午前10時開始、約15分 ※1日1回のみ
会場:飛火野
参加見学無料
「奈良県旅館・ホテル組合」所属のお宿にご宿泊のお客様には「粗品引換券」をお渡ししています。当日、会場にてプレゼントをご用意していますので、紫色の法被を着た係の者にお声かけ下さい。


昨年の12/1初日の様子を動画でどうぞ→
毎年のことなのですが、「鹿寄せ」初日はホルンの音色にすぐに反応せずに、鹿の群れは数分程して森の奥からワラワラと出てきます。
でももう2〜3日もしないうちにはホルンの音色が聴こえるやどどどーっと列を為して走ってきます。
反対方向の浅茅ケ原の方からもやってきてどんぐりをおねだりしますので、可愛い鹿たちに是非会いに来てくださいね。
::
ちなみに、私は12/9(金)にお当番として会場にいます。
お声掛けいただければ嬉しいです。

2022年11月29日火曜日

秋のシーズン*ご宿泊ありがとうございました

特別に忙しかった11月が明日で終わろうとしています。
奈良の一番美しい季節にご宿泊いただいた皆さま、本当にどうもありがとうございました。

「いまなら。キャンペーン」のおかげで、初めてのご宿泊や、また何かの記念日としてお二人でお泊りの方も多かった11月。
シーズンが始まる前に、コロナ禍の2年間の仕事量に慣れてしまった身にこの波を乗り切ることができるだろうかという体力的な心配もあったのですが、夫婦・スタッフ共々 倒れることなく(笑)、11月を終えようとしています。

また、お客様方からは「とても気持ちよく過ごせました」「よく眠れました」「また必ず来ます!」など、励みになるお言葉をかけていただくことも多く、私たちが気持ちよく仕事ができたのも、お客様方のおかげと感謝申し上げます。

「いまなら。キャンペーン」は来年2/28まで運用されています。
すでに2月のご予約をして帰られた方もいらっしゃって、奈良の旅をたっぷり堪能していただくのに活用いただけて有難いことと思います。

12~2月は、キャンペーン期間中といえども、11月ほどの繁忙期ではないのでごゆっくりと奈良を旅していただけるかもしれません。

かくいう私達も、来週は「いざいざ吉野」を楽しもうと思っています。←まさに今、人参をぶら下げて走っている状況な訳ですが、旅の醍醐味とはここにあるのではと思います。「いや~、本当に旅って行く前からいいですね!」

写真↓は新しいスマホの広角カメラで撮った奈良倶楽部館内。
広角機能のおかげで実際よりかなり広く見えますね。
お泊まりいただいた奈良倶楽部を思い出していただければ嬉しいです。ありがとうございました。