2021年6月16日水曜日

法隆寺へ*

聖徳太子1400年遠忌記念の特別展「聖徳太子と法隆寺」
奈良国立博物館での展示は今週いっぱい6/20まで開催中。
東京国立博物館では7/13から9/5までと開催が待たれます。
奈良博での前期・後期展を鑑賞し関連番組も拝見して、無性に法隆寺にお参りしたくなって、5月末日に行ってきました。

法隆寺に来るのは何年ぶりだろうと、ブログの過去記事をたどれば、もう5年も前のこと。この時は「お会式」が目的だったので、ゆっくり境内を参拝していなかった記憶があり、今回は半日かけてゆっくり拝観していくことにしました。
境内の玉砂利が綺麗に掃き清められて、とても気持ちよく感じます。
奈良博で拝見した五重塔初層にある塔本塑像「羅漢坐像」の迫力あるリアルな様子は、実際にはそこまではっきりとわかりにくいことで、それでも博物館で拝見したからこそ想像しながら他の塔本塑像も拝観でき、両方を拝見できたことの面白みをかみしめておりました。
金堂の中も、薬師如来像が奈良博にお出ましの東の間や、四天王像も後ろ側の二体がいらっしゃらないので、ちょっとすかすかした感じ。
大講堂↑を拝観して、その後ろに位置する上御堂↓が、1400年御聖諱記念として9/30まで特別開扉されているので拝観しました。
ちょうどこの時正午少し前で、上御堂の職員さんが「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺……の鐘がもうすぐ鳴りますよ」と教えて下さって「ここからなら西円堂の前の鐘が見えるから」と上御堂からしばらく鐘の音を聞いていました。
法隆寺の時の鐘は、12時なら12回を1分毎に1回撞くのだそうで12分かかって撞いていきます。時の鐘は8時、10時、12時、14時、16時の5回撞かれるそうなので、法隆寺に行かれたらちょっとその時間を意識して耳を澄ましてみてください。
お会式が行われる聖霊院↑。お会式の時はぎっしりと満員の人でしたが、今回はほぼ貸し切り状態で拝観致しました。(奈良博で今拝観できる国宝の聖徳太子および侍者像はこちらにお祀りされています。)

この後は、百済観音像のいらっしゃる大宝蔵院で百済観音さまにご対面して大感激しておりました。すごいオーラを放ってらっしゃるように感じました。(大宝蔵院拝観は拝観券に含まれています)
大宝蔵院とよく似た名前ですが、こちらは大宝蔵殿↓
毎年春と秋に宝物を特別公開され、拝観料が別途かかります。
1400年御聖諱記念として「法隆寺の信仰と宝物」が特別展示されていて、会期はいつもより長く6/30まで。そのかわり秋の特別展示はされないようにおっしゃってました。
そして、この展示の素晴らしいこと!奈良博の特別展でも感動しましたが、法隆寺の中でもまた感動。本当に素晴らしい。
この後、ようやく東院伽藍の夢殿へ。こんなに遠かったんですね。
夢殿でも、職員さんがこちらから撮影すると夢殿全体が入りますよと教えて下さるのです。職員さんが親切にお声かけして下さるのはとてもいいですね。
私はまだ救世観音さまにお会いしたことがないのでしたが、関連番組「法隆寺1400年の祈り~救世観音と百済観音」を見て次回の特別公開期間には是非とも伺おうと思いました。
(番組は関西地方のみ放送でしたが、東博会期中に関東地方でも放映があればいいですね)
夢殿の北側には向かって右が舎利殿、左が絵殿の一棟の建物があり、ここでも職員さんのお声かけ、もう一つ。
同じく1400年御聖諱記念として絵殿が9/30まで特別開扉中です。
こちらは、絵殿と舎利殿の後ろ側に立つ伝法堂↓。
ここから中宮寺へ行こうと思ったのですが、近隣府県の緊急事態宣言中で中宮寺は拝観停止中でした。
たっぷりと宝物を堪能した法隆寺。
その清々しい気とホスピタリティに感動しながら、ここまで来たら一度伺いたかったレストラン「布穀薗ふこくえん」さんへ。


ゆっくりとランチをいただいて、楽しいお出かけとなりました。
::
MEMO>>
テレビ番組を検索していたら、このようなイベントを見つけました。
NHK奈良放送局で法隆寺の至宝を8Kで楽しめるイベントです→
また「見たことのない文化財~秘仏 救世観音~」が7/20(火)午前10:44~BSプレミアムで放送予定のようです。

2021年6月14日月曜日

6月のお出かけ情報③~後半の伝統行事案内

 ◆6/16 當麻寺中之坊中将姫髪供養会・諸願祈祷祭」14:00~
髪供養は、天平宝字7年6月15日に剃髪した中将姫様が 
翌日16日その髪をもって阿弥陀三尊の梵字を刺繍して
阿弥陀如来への感謝を表現したという故事に基づき、
髪に感謝を込めて供養し、諸願成就を願う祈願祭です。
参拝者は自身の頭髪を少し切り半紙に包んで持参すれば、
14時より行われる法会にて供養され髪塚に収められます。
問合せ:0745-48-2001
※参拝される方は當麻寺のコロナ対策をご理解の上お越しください。

◆6/16・6/17 率川神社三枝祭-ゆり祭-
・6/16  ささゆり奉献祭中止
・6/17 10:30~神事 神社関係者以外の境内立ち入り禁止。
・6/17   13:15~七媛女・稚児行列中止
・6/18 午後~奉納芸能中止
問合せ:0742-22-0832

◆6/17 漢國神社「鎮華・三枝祭」
清和四條流式包丁儀式奉納
問合せ:0742-22-0612
※祭礼は関係者のみで執り行われ、包丁儀式奉納はございません。

◆6/23 大安寺 「竹供養」と「ガン封じの祈祷法要」
問合せ:0742-61-6312
※2021年は規模縮小・内容を変更して厳修。詳細→

◆6/25 菅原天満宮「鷽替え神事」
問合せ:0742-45-3576
※鷽替え神事は関係者のみで執り行い「鷽替え行事」は中止です。
※鷽替え神事の鷽お守りは6/25から7/31まで社務所で授与されます。

◆6/25 大神神社「御田植祭」
問合せ:0744-42-6633
※2021年も神職のみで勤修、一般参列はご遠慮ください。

◆6/30 石上神宮「でんでん祭り」
問合せ:0743-62-0900
※神職のみで勤修、一般参列はご遠慮ください。

◆6/30「夏越の大祓い」
春日大社率川神社大神神社橿原神宮
談山神社大和神社石上神宮
「夏越の大祓い」神事は神職のみで勤修され一般参列は不可がほとんどです。また、コロナ感染防止で密を避けるため、茅の輪の設置期間を延長されているところもあります。各神社にてお問合せ下さい。

2021年6月13日日曜日

初夏の浄瑠璃寺*

岩船寺からの帰り道に浄瑠璃寺へ。
浄瑠璃寺に「花の寺」のイメージはないのですが、訪れる度に何かの草花が控えめに咲いていて、その境内の様子にいつも和ませていただいています。
昨年は7/20に訪れて、撫子や桔梗、鬼百合などが咲いていました。
6月中旬の初夏の境内はどんな花が咲いているのかなと、今回も楽しみに訪れました。

本堂参拝後、池の周りに咲いている花を追いながら、畔を一周。
京鹿の子と野薊。

山紫陽花と花菖蒲。
鉢植えでなく、ほとんど地植えの山紫陽花にテンション上がります。
虎の尾
こちらは岩船寺にもあったシチダンカという紫陽花ですね。
浄瑠璃寺にもたくさん咲いていました。
野薊と花菖蒲
昆虫や蝶もあちこちで見かけました。
見つけてから、カメラのピントを合わせてシャッター押すくらいの時間を、じっと待っていてくれるゆったり優雅な蝶々たち。

浄瑠璃寺の三重塔は、毎月8日に初層の扉が開いて、薬師如来像を参拝できます。(好天の日に限りますが)
::
浄瑠璃寺の帰りは「吉祥庵」さんでお蕎麦をいただきました。
しばらくお蕎麦の提供をお休みされていましたが、今年の3月からまた再開して下さって、ようやくお伺いできました。
お蕎麦も勿論美味しいのですが、おつゆも山葵も蕎麦湯も何もかも美味しくてほっとします。
吉祥庵さんで教えていただいたのは、浄瑠璃寺の阿弥陀様修理に伴う入れ替え作業日程のお知らせです。
6/23~6/25と6/28~7/1は本堂内の参拝ができません。
6/26~6/27は本堂内の参拝ができますが、九体阿弥陀如来のうち三体がご不在です。
※御朱印、御守の授与は受付されます。
※境内は平常通り入山できます。
::
昨日の参拝では、九体阿弥陀如来の中尊像が修理に出られてご不在で、灌頂堂のご本尊・大日如来像がいらっしゃっていたのですが、昨年のブログのトップの画像によると、大日如来像が本堂にいらっしゃるのは2021年6/20まで。・・・ということは、今回の入れ替え作業で中尊像がお帰りになるということですね。
6/23~6/25に三体が出られて、6/28~7/1に中尊像がお戻りというスケジュールかなと想像しています。境内は平常通りに入山できるので、この期間に伺うとレアな場面に遭遇するかもしれませんね。

2021年6月12日土曜日

紫陽花を訪ねて岩船寺

紫陽花好きなので、般若寺に続いて今日は岩船寺へ。
岩船寺さんも若い僧侶の方がSNSで発信して下さっているので開花状況がよくわかります。そして般若寺さんもそうだけれど若い方は皆さん写真が美しいですね。
岩船寺は奈良市内より高地にあるので、見頃はまだこれからとありますが、でもたくさんの紫陽花が咲いていて堪能してきました。
昨年は7月8日に訪れていましたので、まだしばらく見頃は続くと思われます。

では「綺麗~」「素敵~」などと呟きながら撮った岩船寺境内の様子をどうぞご覧ください。


山門をくぐると、まるで紫陽花の園。
まずは本堂をお参りして、本堂入り口の花手水を撮って・・・
花手水は蒼色で統一されて涼し気。



こちら↓は昨年おしえていただいた「シチダンカ」
撮ってきた写真を見るとブルー系が多いのですが
でも色とりどり、たくさんの色の紫陽花が溢れる境内です。
阿字池には睡蓮も咲きだしています。
三重塔の四隅の垂木を支える天邪鬼の隅鬼。
山際を上っていけるので、目の高さのところで拝見できますよ。
::
岩船寺
拝観時間:8:30~17:00(12月~2月は9:00~16:00)

2021年6月11日金曜日

般若寺*初夏コスモスと紫陽花

初夏コスモスと紫陽花が見頃を迎えた般若寺では
涼しげな紫陽花の硝子玉がお出迎えしてくれました。




紫陽花だけでなくコスモスの花手水も。
何ともフォトジェニックで可愛いですね。
昨年秋にコスモスのカメラレッスンをしたことを思い出しました。
あの時のコスモスは露出オーバーのハイキー気味で撮影して、いつもと違った雰囲気を楽しみましたが、今日は露出アンダーのローキー気味で撮った写真が多くなりました。





撮影中はハイキー、ローキーの両方で撮ってましたが、ブログの写真は何故かアンダーばかり選んでしまってます。(なぜだかわからないけれど、そちらの方が綺麗に撮れているのです。)




コスモスと紫陽花のコラボも今の季節ならではですね。

まだまだ見頃が続きそうですが、お花の様子は般若寺サイトでご確認ください。開門時間:9:00~17:00